毛髪ミネラル検査

ミネラルとは

人間の身体の96.7%は、酸素・炭素・水素・窒素の4元素で構成されています。
残りのカルシウム、リン、ナトリウム、鉄、亜鉛、銅などの元素を含め、総称してミネラルと呼ばれています。
ミネラルには有害ミネラルと必須ミネラルがあり、有害ミネラルの蓄積や必須ミネラルの欠乏は様々な不定愁訴(不眠・冷え性・抜け毛・肌荒れ・疲労感等)や生活習慣病に関与するといわれています

代表的な有害ミネラル

カドミウム

カドミウムはイタイイタイ病の原因となった公害物質として知られています。
生活環境の中では、石油や石炭の燃焼による排出が一般的です。
喫煙者のカドミウム濃度が非喫煙者の約2倍であったとの報告もあります。

水銀

水銀は、有機水銀と無機水銀の2つに分類されます。
水俣や阿賀野川での水銀汚染は有機水銀(メチル水銀)が原因物質でした。
生活環境で摂取する有機水銀の大部分は魚介類に由来し、それらを多く摂取する日本人では高い傾向にあります。
また、歯の治療で使用するアマルガムからの無機水銀(金属水銀)の摂取も考えられます。

鉛による中毒として、過去に含鉛白粉(おしろい)や有鉛ガソリンが問題となりました。
鉛は酵素の働きを妨げ、造血機能を阻害します。
また鉛は、子供の脳の発達に影響を及ぼすことも指摘されています。

ヒ素

素は、有機ヒ素よりも無機ヒ素の方が毒性が強いと言われています。
無機ヒ素化合物は、皮膚や肺に対し発ガン性が報告されています。
海藻類から摂取される砒素の多くは、大部分が有機ヒ素化合物として含まれているため問題はないといわれています

 

髪ミネラル検査とは?

皮膚の断面

毛髪から体内のミネラル成分を測定する最新の予防医学検査で、この検査で体内のミネラルバランスや、有害金属による汚染などを把握する事が出来ます。
血液や尿の検査では測定が難しい微量有害金属の測定も毛髪検査により可能となりました。
自分自身の栄養状態を正しく理解し、欠乏や過剰となる栄養素について対処することは、代謝機能の正常化を素早く回復し体力・自然治癒力・抵抗力の強化につながります。

毛髪ミネラル検査からわかること

  • 有害ミネラルの蓄積度
  • 必須ミネラルの過不足
  • 身体の傾向(疲労・ストレス・抜け毛・アレルギーなど)
  • 補う必要のある栄養素
  • それら栄養素を含む食事の献立

毛髪ミネラル検査からわかること

毛髪ミネラル検査の位置づけと重要性

毛髪ミネラル検査の位置づけと重要性

身体のミネラルバランスは毛髪に高濃度に反映されるので、ミネラルバランスの定期的なチェックは健康維持のための指針となります。また、「毛髪ミネラル検査」は、食事・栄養療法やサプリメント摂取アドバイスに欠かせないスクリーニング検査としての普及が進んでいます。

毛髪ミネラル検査での検査レベル

通常病院での臨床検査では、症状と兆候の時点、また人間ドックでの検査レベルは、器官の変化までのチェックですが、毛髪ミネラル分析での検査レベルは細胞の変化を調べることができます。
真の予防のためのツールとして医療従事者からの評価も高まっています。

毛髪ミネラル検査の手順

  1. 毛髪を採取する(当クリニックで行います)。
  2. 約2週間で検査結果が判明します。

検査結果まとめ

ミネラル検査表
検査結果からのアドバイスをいたします。

  1. 栄養素アドバイス
  2. 献立アドバイス
  3. ミネラルガイド

それらから総合的に食事指導やビタミン・ミネラルなどのサプリメントを指導、提案いたします。

ご予約はこちら

イーハトーヴクリニック催眠センターのリンクバナー

イーハトーヴクリニック「ネサン氏の714X」リンクバナー

イーハトーヴクリニック催眠センターの「イメージによる胃バンド手術」リンクバナー

イーハトーヴクリニック「メディア・書籍」リンクバナー

イーハトーヴクリニックfacebookリンクバナー

院長ブログ

セミナー受講者様の声