診察
初回コンサルテーション外来
がんセカンドオピニオン外来
がんホリスティック・統合外来
がんサポート外来
再診外来
検査
暗視野顕微鏡による血液観察
細胞レベルによる波動セラピー
毛髪ミネラル検査
血液によるストレス度チェック
細胞レベルの分子整合栄養外来
血液免疫力チェック
がん細胞遺伝子検査
次世代健康診断 ミルテル遺伝子検査
治療
ネサン氏の714X
ケイシーのがん治療
ネサン氏のIBドロップス
がん温熱療法
催眠療法
ヒプノオンコロジー
ソマティック・ヒーリング
ガンイメージ療法DVD
シータヒーリング
リコネクティブヒーリング
スピリチュアル−ヒーリング
非医療部門
アロママッサージ・コンサルテーション付き
アーユルヴェーダ
診療のお申込み
ホーム > 検査 >次世代健康診断 ミルテル遺伝子検査

診察

次世代健康診断 ミルテル遺伝子検査

ミルテル検査とは?

現在、ミルテル検査では、「テロメアテスト」と「ミアテスト」を実施しています。テロメアテストは、生活習慣を改善するきっかけを作る疾患予防に焦点を当てた検査です。 持って生まれた「遺伝子の強さ」と日々受ける「遺伝子の疲労」を知り、より良い生活習慣の改善を目的としています。
一方、「ミアテスト」は、各臓器からでる疾患特異的な因子(マイクロRNA)を検出し、疾患の超早期発見を行うテストです。 これまでの様々な検査に比べ、血液のみの検査のため患者の負担が少ない利点があり、超早期発見することで、治療方法や薬剤の使用などにおいて治療の幅が広がり完治になる確率が高まります。


「元気で生き続ける」ためのミルテル検査


自分が予防すべきレベルをミルテル遺伝子検査で知る

加齢に伴って起こる病気の多くは、様々な要因による細胞へのストレス負荷が要因で起こります。
細胞レベルでは、このような外的ストレス負荷は、染色体の不安定性を引き起こし組織全体の機能低下を引き起こします。 実は、このような外的ストレスに対応できる遺伝子の強さに個人差があることが解っています。 そのキーとなるのが染色体の安定性に極めて重要であることが知られる染色体の端にある構造体「テロメア」です。


テロメアテストは、「遺伝子強度」と「遺伝子疲労度」を同時に測定!

[遺伝子強度]

末梢血の細胞のテロメア長から「遺伝子年齢」である「テロメア年齢」を算出し、その人の遺伝子の強さを測定する検査です。 しかし、この検査は寿命を測定する検査ではありません。あくまでも染色体の強さを「テロメア年齢」という形で数値化しているものです。

[遺伝子疲労度]

この検査は、「遺伝子強度」の測定と合わせて測定するもので、いろいろな環境的要因によって遺伝子がどのくらい傷つけられているかを「遺伝子疲労度」という形で測定します。 ストレスなどが身体に加わると、遺伝子の最先端部分の遺伝子の端である「Gテール」が削れてしまいます。
その削れ具合を測定する世界唯一の検査です。 「Gテール」が削れると染色体の安定性が悪くなります。染色体の安定性は、全ての遺伝子のコントロールに影響してくるので、病気が発症しやすくなります。 「遺伝子疲労度」を常にモニターして、病気にかかりにくい状態で身体を維持することが重要です。簡単に言うと、自分の身体にどのくらい負荷がかかっているかを知る検査で、病気にかからない身体を作る予防検査として有効です。


ミアテストは、血液中を泳いでいる「病的遺伝子(マイクロRNA)」を検出する検査!

[ミアテスト]

ミアテストは、血液中を泳いでいる遺伝子(マイクロRNA)を検出する検査です。病気になると、病気の細胞から分泌されるウイルスのような小さな顆粒にマイクロRNAが封入されています。 病気特有のマイクロRNAが含まれていますから、それを検出することで「がん」や「アルツハイマー」などの病気が早期に発見することができます。 スエーデンなどでは、既に病院で導入されていますが、日本はミルテルがはじめて開始しました! 病気を早期に発見して、病気が軽いうちに治療して、また元気な身体に復帰する。 それがこれからの社会に必要な超高齢社会を迎えて、病気が益々増加する社会で「元気に長く生活する」コツです。

ミアテストで検査可能な疾患

乳がん

マイクロRNA5種類

膵がん

マイクロRNA5種類

アルツハイマー
マイクロRNA5種類

検査費用

  5万〜12万円(プラス税)
  
検査項目や検査の数によって費用が異なりますので、詳細は下のフォームよりお問合せください。
フォームに必要事項を記載の上、ご相談/ご質問備考欄に爐海里茲Δ併を検査したい瓩箸伝え頂ければ、
適した検査をご提案させて頂きます。
TOPに戻る