診察
初回コンサルテーション外来
がんセカンドオピニオン外来
がんホリスティック・統合外来
がんサポート外来
再診外来
検査
暗視野顕微鏡による血液観察
細胞レベルによる波動セラピー
毛髪ミネラル検査
血液によるストレス度チェック
細胞レベルの分子整合栄養外来
血液免疫力チェック
がん細胞遺伝子検査
次世代健康診断 ミルテル遺伝子検査
治療
ネサン氏の714X
ケイシーのがん治療
ネサン氏のIBドロップス
がん温熱療法
催眠療法
ヒプノオンコロジー
ソマティック・ヒーリング
ガンイメージ療法DVD
シータヒーリング
リコネクティブヒーリング
スピリチュアル−ヒーリング
非医療部門
アロママッサージ・コンサルテーション付き
アーユルヴェーダ
診療のお申込み
ホーム > 治療 > がん温熱療法

治療

がん温熱療法(60分)

がん患者さんは体温が低い事がよくみられます
がんに対する温熱療法(ハイパーサーミア)
○ 歴史

がんが温熱により治るという事実に気づいた医師がいます。1866年、ドイツのブッシュ博士は、丹毒や肺炎などの感染症で高熱が続くと、がんが治ってしまうと報告しています。
1900年代初頭には、ニューヨークの整形外科医のコーリ博士が、手術不能の悪性腫瘍の患者で、丹毒に感染した38人のうち20人が完治した、という事実を発見しました。そして、連鎖球菌と霊菌から抽出した混合毒素を手術不能がん患者312人に投与して発熱させたところ、134例に有効だったことを確かめています。

○ 温熱療法の理論

温熱療法のがんに対する効能は、一次的作用としてがんが熱に弱いという性質を利用した直接的な治療法があります。
また、体を温めることにより、免疫機能が向上したり、熱蛋白が誘導されたり、解毒作用があるなどの二次的作用による効能を期待した治療法があります。
 温度と細胞死の関係を見ますと、43℃以上ではがん細胞も正常細胞も火傷を起こして死にます。39〜42℃では、がん細胞の増殖が止まることが分かっています。
 がん細胞の血管は、がん組織がどんどん増殖するのに栄養を補給するために、新しい血管が作られます。しかし、その血管は神経支配を受けていません。そこ で、外から44〜45℃で温熱をすると、正常組織では血流が約7倍になります。熱を運び去ることにより41〜42℃に維持し、細胞は生存します。これに対 して、がん細胞は、血管が拡がらないために、熱がこもって43℃以上になり、がん細胞は死滅します。正常の細胞は生き、がん細胞は選択的に死にます。これ が一次的な作用です。
 二次的作用としては、高温による直接効果とは別に「加温」によりさまざまな利点があります。

HSPが誘導されます
免疫能(NK活性、抗原提示能、INF、TMF)が上昇します
血流がよくなります
乳酸の産生が遅れ、運動能力が向上します
体温が上がることにより代謝が活発になります
このように温熱により幾つもの二次的効果があります。

○ HSPとは

HSPは、1962年に発見された蛋白質です。熱というストレスで出てきた蛋白ということから、熱ショック・タンパク(Heat Shock Protein: HSP)と名づけられました。
日本では愛知医科大学の伊藤要子博士が詳細な検討を行っております。
HSPの働きは、不良な蛋白を良い蛋白に治し、細胞を修理するのですが、あまりに細胞の障害がひどく、HSPで修理不可能なときは細胞死(アポトーシス)へと導きます。HSPはストレスや体の筋肉に対する過重に対して細胞を活性化して負担を軽減する働きがあります。
HSPは、加温2日後をピークに、4日後まで増加します。HSPが増加1〜4日間は加温しても効果がありません。よって、がんの温熱療法は、週に1〜2回のペースで行うのが適切です。

○ 温熱療法の種類
局所温熱療法
全身温熱療法
 x刀@鉾・・・舛鰺僂い・
 x刀泱P鸚岾粟・鰺僂い・
 x唐@坊豈佞鯊粒綾朶弔気参嘆垢垢觴br /> 1)局所温熱療法
ラジオ波によって、がんが局所に限局している場合に用いる。また、体外から遠赤外線などで局所を暖める場合もあります。

2)全身温熱療法
全身、特に血液を温める方法です。

x刀@鉾・・・舛鰺僂い・
OK―432(ピシバニール)がよく用いられます。この注射により、体温が高まります。
x刀泱P鸚岾粟・
遠赤外線を照射することにより体温を温めます。遠赤外線は人体の波長と一致しており、共鳴作用を起こして皮膚から3〜5センチの深さまで到達でき、皮脂腺に溜まっている有害ミネラルや有害な化学物質も汗と共に排出できます。
x唐@坊豈佞鯊粒綾朶弔気参嘆垢垢觴/p>

医療施設で行われてきたが、現在では殆ど実施されていません。
当クリニックで行っているのは、遠赤外線による全身と局所照射法です。

赤外線は、太陽から出ている光線の一種です。目で見ることはできませんが、可視光線のうち一番波長の長い赤色光より更に波長が長いので赤外線と名づけられました。
遠赤外線は、赤色光線より波長の長い赤外線の中で、3〜1000ミクロン(1mm)としています。この遠赤外線の波長のうち、特に人間の波長に近いのが、9.4~9.8μの波長帯の遠赤外線です。人体の波長と共鳴するために、熱がより深部まで到達します

○ 遠赤外線の効果は

体温を上昇させることにより、直接にがん細胞を攻撃します。
体温が上昇することにより、免疫機能が高まります。また、エンドロフィンなどのホルモンが分泌され免疫機能が高まります。
汗腺と共に皮脂腺から発汗させて、皮脂腺の中にある化学物質などの環境ホルモンや有害ミネラルなどを排泄させる、デトックスとしての効果が 期待できます。
温めることにより末梢の血液循環が改善します。
温まることにより、リラックスできる。
などの効能があります。

○ クリニックでの実際の方法

われわれの用いる全身照射用のドーム型の遠赤外線は、1)週二回くらいを目標として、温度を高く設定して、がん細胞に対する直接効果と免疫能を上げ、デ トックス(解毒)を期待する方法と、2)一日のうち出来るだけ長時間、ゆっくりと汗をかかない程度の温度で体を温めることにより、免疫能と末梢循環を高め る方法があります。
どちらを選択するかは、その方の状態や体力や使用目的により、ご相談して決めます。
また、局所照射用として、パットタイプの装置があり、患部に照射します。

TOPに戻る