診察
初回コンサルテーション外来
がんセカンドオピニオン外来
がんホリスティック・統合外来
がんサポート外来
再診外来
検査
暗視野顕微鏡による血液観察
細胞レベルによる波動セラピー
毛髪ミネラル検査
血液によるストレス度チェック
細胞レベルの分子整合栄養外来
血液免疫力チェック
がん細胞遺伝子検査
次世代健康診断 ミルテル遺伝子検査
治療
ネサン氏の714X
ケイシーのがん治療
ネサン氏のIBドロップス
がん温熱療法
催眠療法
ヒプノオンコロジー
ソマティック・ヒーリング
ガンイメージ療法DVD
シータヒーリング
リコネクティブヒーリング
スピリチュアル−ヒーリング
非医療部門
アロママッサージ・コンサルテーション付き
アーユルヴェーダ
診療のお申込み
ホーム > 治療 > リコネクティブヒーリング&リコネクション

治療

リコネクティブヒーリングとは

リコネクティブヒーリングとは、1993年にアメリカのカイロプラクター医師のエリック・パール博士が受けとった、今まで地球上には存在しなかった新しい周波数帯域幅によって、宇宙と再結合(リコネクト)する新しいヒーリングです。
このヒーリングにより、愛と知性を持った宇宙の摂理と豊かさを、私たち自身が取り戻すことにあります。
これにより、私たちを魂・精神・身体のバランスを取り戻し、本来の自分に気づく事を可能にします。
このヒーリングにより、身体に変化が起こる場合、精神面での気づきがある場合、スピリチュアルに進化するかもしれません。いずれの気づきもその人が必要としている癒しが起こります。
それは、本人が顕在意識で望んでいる事かもしれませんし、また、本人が気づいていない潜在意識の領域で起こるかもしれません。何らかの変化・進化・バランスを整える事が、このヒーリングにより起こります。
具体的には、「直感力が良くなる」、「心地よく・平安な毎日を送れる」、「前向きな姿勢で生活できる」、「身体の調子がよくなる」などがあります。

○ リコネクティブヒーリングの施術方法

1.事前面談と説明を15分くらい行います。

2.リラックスしてベッドに横になります。

3.施術者(プラクティショナー)は、直接、手を触れることなく10〜100センチくらいの距離で手をかざします。距離が遠くなるほどヒーリングのレベルが上がるといわれています。

4. クライアント(患者)さんは、リラックスして目を閉じています。特に、何かをしたり、考える必要はありません。また、期待する必要もありません。ただ、自然に任せます。

5. 一回のヒーリング時間は30分くらいです。

6. 事後面談を15分くらい行います。

7. 三回を行うと、より気づきが多いといわれていますが、一回でも十分なヒーリングが得られる事もあります。

TOPに戻る