ネサン氏と714X

714Xの命名は、7はアルファベットの七番目の文字G、14は十四番目の文字Nを意味し、ガストンのGとネサンのNを採ったものである。Xはアルファベットの二十四番目の文字で、ネサン氏の生まれた年の一九二四年を意味する。  
製剤の主要分子は複雑な新しいもので、製剤の機能に不可欠な窒素化合物を含むように合成された。分子の化学構造は一九八〇年二月十六日、カナダ特許庁により正式に認められた。現在、世界70カ国以上で使用されている。

714X714X

714Xの使用について

714Xによる治療は、これまでに有効とされている化学療法や放射線治療に代わる治療法ではありません。以下の714Xの適用のある患者さんにのみ適用される治療法です。
標準的がん治療が無効の場合
標準的がん治療の効果をより確実にする
標準的がん治療の副作用を少なくする
良好な体調を維持しながら寛解期を延長させる
代替治療を希望する
714Xは、未だ、未完成の実験的な治療法であり、希望される患者さんには、十分なインフォームドコンセントを得てから行う治療法です。

714X 技術的データ

化学名:塩化Trimethylaminohydroxybicycloheptane
>>>化学式はこちらから

商業的な名称:714Xとして知られている。714X は、民間の研究所センターexp rimentalデrecherches biologiquesデl’Estrie社(C.E.R.B.E. inc.)により製造されています。
使用方法:研究者-生物学者ガストンNaessensによって開発されて、714Xは2つの形で利用できます。
リンパ節周囲注入方(基本的治療)
この製品は、6.5mlの小びんで利用できます。2つの小びんは、1つのサイクルと呼ばれる21日連続の処置をすることを要求されます。この基本的な処置は、大循環系のリンパの流れに、直接入ります。
気道からの吸入法(二次的治療法)
基本的治療法を開始後、2サイクル目より小循環系(下図を参考にして下さい)に疾患のある方が超音波ネブライザーを用いて、一回、2mlを吸入する方法です。やはり21日連続吸入をし、小循環のリンパ系に作用します。

化学分析結果

714Xは、その主要な成分として窒素を含み、運搬効果として樟脳、その他、ミネラル塩、18種類の微量元素を含有している。 PH:7

714Xの作用機序

714Xは、病的な細胞を破壊するようにはデザインされていません。
714Xは自然の防御をサポートします。リンパの循環に導入された時には免疫システムも含みます。
リンパ組織の生理学を手短に全体にわたり見る事は714Xの管理する方法にも必要です。
血液の血漿の大部分の要素は、毛細血管と組織間隙の間を自由に行き来します。毛細血管は再吸収する以上に多くの液体を失います。余った液体は一日3L以上もリンパ毛細管に流れこみ、リンパ液を作ります。
解剖学的に、リンパの流れは二つの経路があります。それぞれは独立しており、つながっていません。
大循環系は、体の上部の左側と下半身全体で75%を占めます。小循環系は右上半身の25%を占めます。
大循環系には、714Xは右ソケイ部のリンパ節周囲に注射する必要があります。
小循環系には、714X(ネブライザー用) を超音波ネブライザーにより気道から吸収させます。
714Xの作用機序 714Xの作用機序

714X

714Xの効能

リンパ液の流れをよくして、毒素を取り除き、適切な免疫応答の引き金になります。変性疾患ではリンパの流れがうっ滞して、流れないことが生物学的な前兆となります。
窒素を活性成分として臓器に運びます。がんは窒素を成長するために必要とします。また、がん細胞は窒素を正常細胞から得るために、免疫システムを麻痺させるような物質を放出します。免疫システムが活動できない間にがん細胞の成長を支える悪性サイクルが確立されます。 がんのような未熟な細胞に窒素を運ぶことにより、714Xはがん細胞による麻痺要因の分泌を停止する事により、免疫システムの自然な機能を回復させる。
714Xは18種類の微量元素を組織に運ぶ事により、リンパの流れが停滞してためにブロックされている細胞内、細胞間のコミュニケーションを促進させます。

この治療による治療効果について

714Xは免疫活動を回復されるためにリンパに直接に働きます。 714Xのリンパへの直接作用と血液循環への直接作用により、恒常性に関係する生物学的な機能を正常化する。これらの生物学的な反応は正常細胞の発達と体の特異的そして非特異的な防御機構も含まれる。
714Xは非特異的な免疫防御機構(細菌やウイスルなどの異物に対する皮膚や粘液の膜、化学物質、好中球などの貧食作用など)と特異的な免疫機構(B細胞やT細胞によるリンパ球により異物やがん細胞への働き)を増強させます。

714Xとの併用を避けたい健康製品

サメと牛の軟骨
これらの軟骨は血管新生を阻害する製品です。サメの軟骨は血管新生の過程を抑えることにより秤量攻めする方法です。局所的には有効かもしれませんが、がんを全身性の疾患と捉えるなら、免疫機構をより活発に活動させるために、血流量を増やす必要があります。

通常の西洋医療との併用

714Xは病的な細胞を壊す事ではなく、体の防御機構と免疫システムを補助するだけです。   
手術・抗がん剤治療・放射線療法などの通常の医療と一緒に使用できます。また、西洋医療の効果を減ずる事も効果を変える事もありません。  
714Xは、これらの西洋医学的治療と一緒に用いる事により、これらの治療によって生ずる代謝老廃物(毒素を意味している)を除去することにあります。  
714Xは、これらの治療の副作用である嘔気・食欲不振などを軽減させます。リンパの望ましい循環と組織に窒素をもたらす事により細胞修復に役立ちます。

メーカーの推薦

差し迫った危険な状態にない手術の場合、術前21日間の一連の投与が勧められます。この処置は強力な局所的・全身的な免疫応答によりだけに援助します。
手術を必要とするがん患者さんに対しては、上記の推奨は、手術によりリンパ組織を介しての新たな転移の拡がりを予防するので、更に重要となります。

投与量

投与量

予防的投与の場合には、1~3サイクルのリンパ節周囲への投与が推薦されます。医学的に変性疾患と診断された場合には、6~8の連続したサイクルの投与が要求される。いくつかの症例では、714Xが生命を延長する製品とは考えられなくても、継続的な使用が必要となります。注射の回数と量は別表の如く行います。最初の4日間は0.1mlずつ増やし、5日目からは0.5mlを注射し、21日間を一サイクルとします。その後、二日間の休期間を置いて、更に0.5mlで21日間、連続投与します。   
徐々に投与量を上げていくのは、一度の大量の毒素がリンパを流れて除去する臓器に対する負担を避けるためです。
体重30kg以下の小児では、成人の半分量が投与されますが、投与期間は21日間と一緒です。  
また、効果を上げる目的で投与量を増やす事も意味がありません。指示された量は最高の結果をもたらすと臨床的に決められました。

超音波ネブライザー療法

この超音波ネブライザー用の714Xは、注射用とは異なる分子を持つ特別に混合されたものです。 製品は、一アンプル2mlで7アンプルが各々の箱に入っています。21日のサイクルには3箱が必要となります。
ネブライザー治療は、第二注射サイクルでのみ始められる、二次的な治療法です。注射とネブライザーの間隔は12時間あける事が必要です。その時間は各自の好みで、それにより結果が変わることはありません。

副作用

副作用は通常、全ての使用者を対象として予見されそして有害な副作用として理解されています。714X使用者には、そのような組織的に見つかるような副作用はありません。
反対に、714X使用者はQOL(バイタリティの増加、痛みの閾値の増加、よりよい食欲、より少ないストレス、など)を向上させます。浄化と細胞修復が体に必要なのと同様に、一人ひとりの体質は714Xがどのように作用するかの因子となります。一人ひとりは異なり、それが714Xの効果を画一的に測定するのに最も難しい点です。
時々、最初の1サイクルの間に、幾つかの観察は細胞の浄化過程が始まった事を確信させます。殆どの使用者は(膀胱、腸管、肺)などの除去臓器の改善された活動以外には殆ど気づきません。
とはいえ、714Xの使用に関しては、製品の急速な効果による如何なる不快感を避けるためにも、厳格にプロトコールに従って利用される事を推奨致します。

マトメ

714Xは身体の自然防御をサポートするための健康製品です。この目的を達成させるために選ばれた方法はリンパを液化することです。一旦、液化されれば、リンパは他の免疫学的特性と同様に正常の排泄機能を回復する事ができる。
714Xは身体に容易に吸収されます。樟脳の分子により運ばれた窒素と多種類の微量元素のような組織の基本的要素をもたらす事により生命を維持します。
714Xは非毒性です。有害な副作用も起こしません。予防的にも使えます。通常の医療で診断された幾つかの免疫不全と変性疾患を患っている患者さんたちに勧められます。
最後に、714Xの使用に関しては、ネサン氏からの指示をきちっと踏襲できる知識と技術を持った医師から指示を受ける事が不可欠です。

ネサン氏ご夫妻とセミナー終了証書

714X

お申込みはこちら

イーハトーヴクリニック催眠センターのリンクバナー

イーハトーヴクリニック「ネサン氏の714X」リンクバナー

イーハトーヴクリニック催眠センターの「イメージによる胃バンド手術」リンクバナー

イーハトーヴクリニック「メディア・書籍」リンクバナー

イーハトーヴクリニックfacebookリンクバナー

院長ブログ

セミナー受講者様の声